食事の順番は痩せ方にも大きな影響がある

食事の順番は痩せ方にも大きな影響がある

食事の順番は痩せ方にも大きな影響があるようです。
主食である炭水化物を先に食べてしまうと、つい食べ過ぎてしまい、その結果糖質を過剰に摂取してしまいます。

 

いくら甘いものが苦手で食べない人でも、炭水化物を多く取り過ぎてしまえば効果はありません。
糖質は脂肪に変わってしまい、体脂肪を増やす原因となってしまいます。

 

肥満は体脂肪が多すぎる状態のことです。
そのため、ダイエットを行うには体脂肪を減らしていくことが重要です。

 

食事の時に糖質を摂りすぎないようにするためには、炭水化物を最後に食べることです。

 

まずは野菜を最初に食べるようにしましょう。
特に生野菜は噛む回数が増えますので、噛んでいるうちに満腹中枢が働いてくるようになります。

 

次に良質なたんぱく質のおかずを食べるようにします。
大豆食品や卵、そしてお魚やお肉などです。

 

これらは体に必要な筋肉や肌、髪の毛などにも必要な栄養です。
たんぱく質が不足してくると、肌荒れなどの原因にもなってしまいます。

 

筋肉量を増やすことで、脂肪の燃焼率を上げ、痩せやすい体に変えていくことができます。
ダイエットはたんぱく質を減らすことではなく、脂肪の原因となる、糖質や脂質などを減らすようにしましょう。

 

最後に炭水化物を取るようにします。
芋類はおかずにも主食にもなりますが、炭水化物なので最後に食べるようにします。

 

野菜とタンパク質のおかずで、ある程度お腹が満たされているので、炭水化物はそれほど多く取らなくても、食事を満足させることができます。

 

食べ方の順番を変えるだけで、摂取するカロリーも変わってきます。
また、野菜から食べ始めることで血糖値が急に上がるのを防いでくれます。

 

お腹が空くと、どうしても炭水化物や甘いものを先に食べたくなってしまいます。
しかし、これも習慣を変えることで、それほど無理をしなくても痩せやすい体へと変えていくことができます。

 

また、夕食を軽めにして、その分、朝食と昼食の量を増やすことで、同じカロリーでも痩せやすくなります。
夜食はダイエット中は極力控えるようにしたいものです。