自分の体臭の臭いのレベルによって制汗剤を使い分ける

自分の体臭の臭いのレベルによって制汗剤を使い分ける

人間なので汗は皆かくものです。その中でも汗のにおいが気になる事、ありますよね。

 

しかし、汗=体臭とはならないのです。汗は主に体温調整するために出るものであり汗腺から水分を出し、
空気中に水分を気化させることで熱を蒸発させているのです。

 

汗は、皮脂や垢が混ざって雑菌が繁殖することにより体臭が徐々に発生してきます。

 

汗を臭わせないようにするには、まずこまめに汗を拭き取ることです。
その時は汗ふきシートなどを用いって、乾いたタオルなどでは拭き取らないようにすることです。
体臭へと変化する時間の目安は、約1〜2時間です。

 

そして二つ目の方法は、制汗剤を用いることなのですが使い方を間違えると余計に臭いを発してしまうことがあり要注意です。
あまり知られていないようですが、制汗剤は夜のお風呂上がりの綺麗な肌に塗ることが良い様です。
制汗剤には汗腺を塞ぐ作用があるので肌が綺麗な状態の時にやっておかないと効果が薄れてしまいます。

 

夜につけておけば朝方シャワーを浴びたとしても効果は持続するとゆう事などで安心してください。
制汗剤を使うときに注意しなければならないことは、つけすぎには注意です。
何故かといいますとあまり制汗剤をつけすぎてしまうと、常在菌まで死滅させてしまい逆に臭くさせてしまうことがある様です。

 

この常在菌とゆうのが、外部の悪玉菌を退治してくれる作用がある為これが減ってしまうと悪玉菌が繁殖して更に臭ってしまうことも・・
そして自分の体臭の臭いのレベルによって制汗剤を使い分けることも大事です。

 

臭いの強い人は、無香化の直塗りがいいです。無香化がいい理由は、ワキガのにおいと混ざってしまい臭いが強くなることがあるためです。
臭いが中程度の人は、スプレータイプで大丈夫です。先にシートで拭き取りスプレーをかければ効果的です。

 

臭いは軽い人ならば、シートだけで十分です。植物エキスを配合したものなどで拭くだけで十分抑えられます。
多汗症の人であれば、オドレミンを使うとかなり効果的なようです。

 

手汗に関してはファリネが効果的ですが、制汗剤だけで汗の対策をするのは少し短絡的です。

 

ファリネの口コミと効果の違い

 

身体の内側から汗をかかないように改善していく必要があります。